学術集会

第5回日本小児循環器集中治療研究会学術集会

学術集会お礼のごあいさつ

2019年9月14日に第5回日本小児循環器集中治療研究会学術集会を福岡市立こども病院にて開催いたしました。
全国から小児循環器医、心臓外科医、集中治療医、看護師など100名ほど参加され、活発な発表、討論が行われました。昨今の働き方改革に関連し、小児循環器治療において手術から術後管理の流れの中でそれぞれの時点で専門の医師が担当する分業体制の利点や課題が討論され、今後の方向性を見極めていく上で示唆に富む議論が行われました。また、術後急性期の子供たちの急変に対する対応など、今後の実診療に役立つ演題が討論されました。この会としては過去最大の合計30題ほどの演題が発表され、年々増加していく参加者や演題数を考えますとこの分野への興味が全国で高まっているのを感じる次第です。

お寄せいただいた多大なるご支援とご協力に心より御礼申し上げます。また、来年度の学術集会へ向け、循環器集中治療のさらなる発展を願っております。

第5回小児循環器集中治療研究会学術集会会長
福岡市立こども病院 心臓血管外科
小田 晋一郎

過去の演題

過去の学術集会での演題です。抄録内容は会員ページで閲覧可能です。